【テレビカメラ用ショットボックス】購入・製品デモ・資料、見積り請求

 ・「テレビカメラ用ショットボックス」を購入したい
 ・既存システムへの組み込みについて確認したい
 ・導入実績や詳細機能について知りたい
 ・各種資料を見て検討したい
 ・製品デモを検討したい

そんなご要望をお持ちの方は、専用フォームよりお問い合わせください。


【ショットボックスの特長】カメラワークが楽に行える
【テレビカメラ用ショットボックス】製品の特長
【テレビカメラ用ショットボックス】手のひらサイズの実力派
販売・価格・仕様・カタログ請求等のお問い合わせはこちら
お気軽にお問い合わせください

TA-SBOX テレビカメラ用ショットボックス コントロールボックス ENGレンズ ドラマ撮影 スポーツ中継

光学技術を活かした開発・製造についてご相談ください
販売・価格・仕様・カタログ請求等のお問い合わせはこちら


武蔵オプティカルシステム | Action
サイト内検索
アクセスマップ
購入について
ニュース
サイトマップ
お問い合わせ
TVレンズ・雲台修理
武蔵オプティカルシステム製品情報
企業情報
MUSASHI-OPT
MUSASHI-OPT
MUSASHI-OPT
MUSASHI-OPT
MUSASHI-OPT
MUSASHI-OPT
リモコン雲台システム/プロンプター
FAレンズ
CCTVレンズ
シネレンズ
ラインナップ
テレビレンズ
ホーム
武蔵オプティカルシステム
武蔵オプティカルシステム株式会社
MUSASHI-OPT
MUSASHI-OPT
【テレビカメラ用ショットボックス】機能説明
■ 記憶したショット位置(ズーム・フォーカス位置)を瞬間的に再現

  ショット位置をあらかじめ記憶しておき(プリセット)、必要に応じて再現します。
  ドラマやスポーツ中継など、ショットの決まった映像を撮影する場合に最適です。

■ 幅広い用途・様々な場面で応用が利く

システム図
【テレビカメラ用ショットボックス】製品仕様・システム構成図
 販売名 テレビカメラ用ショットボックス TA-SBOX

 ショットメモリー数

 ショットスピード 可変幅 約5倍

 ショット ⇒ 操作部 ズームデマンドの微小操作及びRスイッチ(Release) ※1

 液晶表示 メモリー  ショットNo. ズーム/フォーカス%表示

 取付可能径 φ16〜φ32

 接続pin数 12pin ※2

 外形寸法 121mm(W)×81mm(D)×59mm(H)

 重量 約700g

 消費電力 12V/5W

 ※1 ズーム/フォーカスデマンドは、Fujinon製のものをご使用ください。
 ※2 Canonレンズをご使用の場合、20pin−12pinの二股変換ケーブル、
    または6pin−12pinの変換ケーブルが必要になります。
ショットボックスを使うとフォーカス・ズームの違う映像を簡単に繰り返し再現することができます
ショットボックスとは、ズーム位置、フォーカス位置をあらかじめ記憶(プリセット)し、
再現時に読み出します。
ドラマやスポーツ、ニュース、バラエティ番組などのショットの決めなど、何度も同じ
ような構図(フォーカス・ズーム位置)で映像を撮影するようなときに使用します。

弓道の撮影の場合、ショットボックスを使うと、ショット1に射手、ショット2に的を記
憶しておくことでフォーカス、ズームの違う映像を簡単に繰り返し再現することがで
きます。
紹介した使い方は一例です。
【ショットボックスの特長】使い方次第で無限大の用途
Fujinon/Canon両方のレンズの対応
■ フジノン/キヤノン両対応

  ENGレンズ用でHD/SDどちらも対応しており、さらにFujinon/Canon両方のレンズに対応します。
  (Canonレンズの場合、別売の変換ケーブルが必要になります)

■ ズーム/フォーカスのリモートコントロールが可能

  フジノン製のズーム/フォーカスデマンドを使用し操作します。
ヘルプ
リンク
インフォメーションデスク
プライバシーポリシー

MUSASHI-OPT